巧い広告文はいかがですか。

100年前から使われている広告、宣伝方法だから、次の100年も使えます。

伝わる、伝える為の文章をライティングしています。

舞台の脚本を書いたことがきっかけでこの仕事を始めました。

あなたの暮らしが好転していく為のお手伝いをさせてください。

あなたの作った広告、宣伝で集客できていますか。

できていないなら。

きっと書き方が間違っているからです。

例えば文章構成、手法、言葉、等など。

なぜこの広告、宣伝方法が今でも使われているのか。

その理由は集客が出来るからです。

「売れている広告」と「売れない広告」の違いは

「売れている広告」文章はお客様を惹きつけるための

ダイレクト・レスポンス・マーケティングと言う

文章構成を使っています。

広告界の巨匠、マックスウェル・サックハイムはこう言ってます。

「お客さまは、あなたの広告を読まない」

「お客さまは、あなたの広告を信じない」

「お客さまは、あなたの広告を読んでも行動しない(買わない)」

そこで必要になるのが、

ダイレクト・レスポンス・マーケティングです。

一つの例ですが

PCANの法則というのがあります。

起承転結と同じようなものですが、

・Problem(問題):問題を簡潔に、聞き手視点で定義する

・Cause(原因):問題の原因を明らかにする

・Answer(回答):自分のアイデアが問題にどのように答えを提供するかを説明する

・Net benefits(実利):他の選択肢がある中で、なぜ自分のアイデアが最大の実利をもたらすのかを説明する

このような文章構成使って、文章を書く事を

セールス・ライティングと言います。

文章構成を使ってライティングをすると

「売れない広告」が「売れている広告」へと

必ず変わります。

どう書き、どう伝えるか。

そして、どう書き込むか。

それが、セールス・ライターと言う職業です。

「100年前から使われている広告、宣伝方法」は

詳しくブログに書いています。

http://umebosidenka.blog59.fc2.com/blog-entry-1.html

料金は20,000円からですが、相談応です。

また無料も用意していますので

お気軽にお問い合わせください。

3分程もあれば読める内容ですので、

「100年前から使われている広告、宣伝方法」に

一度、目を通して見てください。

投稿エリア: 東京
対象エリア: 全国OK
シェアタイプ: 無料
掲載日 2017/02/ 3

コメント・お問い合わせ (0)

コメントを送信するには ログイン が必要です